カードローンの歴史

カードローンを利用することでお金がないピンチを乗り切ることができますが、昔は消費者金融から借りるというのが一般的で違法な金利の貸し付けが横行していた時代もありました。
 
しかし、今は法律が改正されたことによって違法な貸し付けができなくなり、さらには銀行でも個人向けの小口融資を行うようになったことから昔に比べると利用する側は利用しやすくなっています。
 
昔はサラ金と言われていたように、正社員で働いているサラリーマン向けのローンというのが一般的でしたが、今はパートでもカードローンの利用が可能なところが増えています。
 
パートとして働いているということは、一定の収入があるということにもなりますが、さらに配偶者がいる場合は配偶者の収入なども審査には考慮されるので、借りることができるというものです。
 
ただし、パートで収入があってもカードローンの申し込みをすることができない金融機関もあるので、事前にチェックしておく必要があります。
 
最近はインターネットが普及した背景もあって、申し込みについてもスマホを使って簡単に行うことができるようになりました。
 
事前に申込みだけを完了させておいて、カードだけを後から取りにいくという方法を取ることもできます。
 
利便性が高まる一方で、お金を借りているという感覚が薄れている人が多いのは問題の一つにもなっています。
 
必要以上に借り過ぎてしまい、気がついた時には既に自力での返済が厳しい…ということが無いよう注意が必要です。


パートでも借りれるカードローンはこちら

このページの先頭へ