パートでも借りれるカードローン TOP > パートカードローンの利用と注意点 > カードローンを借り換えローンとして利用する場合

カードローンを借り換えローンとして利用する場合

借り換えローンとは、既存の借金がある場合に利用しているローンよりさらに金利が低いローンで借金を借り換えるというもので、金利の低いカードローンを利用することでも借り換えにメリットがある場合があります。
 
パートで働いている人がカードローンを利用する場合は、どうしても収入の関係からまとまったお金を借りるのが難しいのが現実で、既存の借金がある場合は総量規制に影響してくるため、さらに新規で借りることは難しくなり、借り換えローンとしての利用は難しくなってしまいます。
 
しかし、銀行であれば総量規制の影響を受けることなく、パートとして働いている人でもお金を借りることができるようになっているので、借り換えローンとしての利用も可能になります。
 
パートが利用することができるカードローンを提供している銀行を探す場合に、大手銀行などを優先的に探す人も少なくないと思いますが、普段から利用している地方銀行でも対応していることは多く、所有しているキャッシュカードにカードローンの機能を付帯してもらえる場合は、即日対応も可能です。
 
また、金利が低いというイメージのある銀行ですが、消費者金融や信販会社に比べると金利は相対的に低くなっているものの、銀行という金融機関が提供しているサービスの中で見るともっとも高い金利になっています。
 
そのため、銀行でお金を借りる場合はかかってくる金利の負荷を考慮した上で、しっかり返済計画を立ててお金を借りる必要があります。


パートでも借りれるカードローンはこちら

このページの先頭へ