パートカードローンで借りられる金額

電卓のイラスト昔はパートでカードローンを利用することができる金融機関というのはそこまで多くありませんでした。
 
女性の社会進出が進んだことや、正社員として働く人が以前よりも減ってフリーターとして働く人が増えたことなどから、金融機関もローンサービスにおいて方向転換が余儀なくされたことなどが理由となってパートの利用が可能になりました。
 
ただし、同時にお金を借りる側が必要以上に借りることによって、多重債務やそれを解決するための債務整理をする人が急増したことから借り入れには制限をかけるようになりました。
 
基本的に年収の3分の1は超えて借りることができず、他の金融機関から借金をしている場合はそれも合算して計算されます。
 
そのため、収入があまりないパートだと借りることができる金額はかなり少ない可能性もありますが、だいたいの金融機関は10万円から30万円程度に設定しています。
 
ただし、社会保険に加入して年収が数百万円という場合は、100万円単位で借りることができる場合もあります。
 
銀行であれば総量規制が適用されずに配偶者の収入が考慮されることもあるので、配偶者の収入によってはかなり高額な借り入れが可能な場合もあります。
 
どれくらいお金を借りることができるかというのは、その時の状況によっても変わってきます。
 
今は銀行でも消費者金融でも、共通して簡易審査を受けることができるところがほとんどなので、事前に利用して借りることができる金額を調べておくのもよいかもしれません。


パートでも借りれるカードローンはこちら

このページの先頭へ