パートカードローンに必要な書類

書類のイラストパートカードローンの利用においては銀行、消費者金融、信販会社といった金融機関で申し込みをすることが可能になっています。
 
他のローンと比べて審査の時間が早いのが特徴になっていて、早いところだと申し込みから一時間以内でお金を借りることができるところもあります。
 
申し込みにおいて必要となる書類については、身分証明書がメインになります。
 
消費者金融で借りる場合だと、借りる金額が50万円を超える場合は収入証明書の提出が必要になるので、あらかじめ役場で所得証明書の取得などをしておく必要があります。
 
ただし、純粋にパートでの収入しかない場合については、申し込みをして借りることができる金額は50万円以下である場合がほとんどなので用意する必要がないことも多くなっています。
 
特に消費者金融は総量規制の影響をじかで受けるため、年収が150万円を超えない場合は50万円を超えて借りること自体ができません。
 
また、銀行でパートが利用可能なカードローンについては、収入によらず収入を証明する書類が不要になっているので、あらかじめ用意する書類もなくスムーズに申し込みをすることができます。
 
ただし、銀行によっては100万円を借りる場合に収入証明書が必要になるところや、300万円以上を借りる場合に必要にしているなど銀行によって独自に設定しているところがあります。
 
パートのカードローンでそれだけ高額な借り入れになることはほとんどありませんが、念のために事前にチェックしておくようにしましょう。


パートでも借りれるカードローンはこちら

このページの先頭へ