パートカードローンの申し込み

パートカードローンで借りることができる金額は、多くても30万円程度にしている金融機関がほとんどですが、結婚をしている場合であれば配偶者の収入が考慮してもらえる可能性もあるので、その場合は総量規制の影響を受けない銀行に限り融資額は増える可能性もあります。
 
パートカードローンの利用における流れについては、最初に銀行や消費者金融などに申し込みを始めるところから始めます。
 
最近は、それぞれの金融機関のホームページ上から申し込みをすることができるところが大半であるため、わざわざ時間を割いてまで金融機関に足を運ぶ必要はありません。
 
申し込みをした後は金融機関の審査が行なわれることになりますが、ここでは金融機関側が貸したお金が確実に戻ってくるかどうかということを軸において審査を進めていきます。
 
ちなみに最近のカードローンは、パートの利用に限らず担保や保証人が不要になっているところがほとんどです。
 
これは保障会社に入ってもらっているところが多いためで、保険料については毎月の返済で支払う金利の中から一定のマージンが差し引かれているので、利用する側はあまり意識せずに保障が受けられるシステムになっています。
 
この場合は金融機関だけでなく保障会社の審査も受けることになるため、金融機関では借りることができると判断されても保障会社の審査によって借りることができないと判断される場合は、一円も借りることができなくなるので注意が必要です。

このページの先頭へ