パートカードローンの金利

パートカードローンに限らず、金融機関からお金を借りる場合は例外なく金利が付加されることになります。
 
金利は借りている金額に対してかかってくる手数料のようなもので、カードローンの場合だと100万円までの少額融資だと金利は15%前後に設定されている場合がほとんどです。
 
この金利が高いか低いかというのは、個人によって思うところはさまざまだと思います。
 
いろいろある金融機関のローンサービスを見た場合に、相対的に金利が高いローンであることには間違いなく、100万円の借り入れに金利が15%だと毎月必要になる金利の支払いは1万5千円になるので、年間を通して考えてみると結構な負担になってしまいます。
 
パートカードローンを提供している金融機関はいろいろありますが、銀行や消費者金融、信販会社などがメインになっており、他にも信用金庫などの非営利金融機関でもお金を借りることができるようになっています。
 
金融機関で金利を比較すると、銀行や信用金庫などが相対的に金利は低く設定されていますが、それをカバーするように消費者金融の中には申込みから一定の期間であれば無金利に設定しているところもあります。
 
いずれにしても、借りている期間が長くなってくると金利の支払い負担は増大するので金利が低いところで借りるメリットが高くなります。
 
借りている期間が短い場合は支払う金利の額もそこまで多くないので、金利が低いところよりもサービスの質や無金利のキャンペーンなどを利用するメリットの方があります。

このページの先頭へ