フリーローンとの違い

カードローンを利用する人の中には、目的ローンに該当しない使用理由のためにお金を借りる人もいます。
 
カードローンは、あらかじめ設定されている借り入れの金額内であれば、いつでも好きなタイミングで借りることや返済することができ、使用用途も自由です。
 
ですので、最初の目的を達成した後に他の目的でお金が必要になった場合でも、その用途に対してお金を借りることができるようになります。
 
ちなみにパートがカードローンの利用をする場合は、パートが利用することができると明示されている金融機関に申し込む必要があります。
 
銀行でもパート対応のカードローンは増えているものの、依然として正社員として働いていることが条件になっているところは少なくありません。
 
また、目的自由に利用することができるローンにはフリーローンと呼ばれるローンもありますが、カードローンと違っているのは、最初にまとまったお金を借りた後は新規で借りることができないという点です。
 
何度も繰り返して借りることができるカードローンとは根本的に違っています。
 
何度も借りることができない点についてはデメリットに感じる人と、不要な借金をしなくて済むという理由からメリットに感じる人もいるかもしれません。
 
金利についてはフリーローンの方が低いので返済負担は小さくなっています。
 
いずれにしてもお金を借りる場合は返済することが前提になっているわけなので、借りる前からきちんと返済計画を立てて完済に向けてのシミュレーションをしておくようにしましょう。

このページの先頭へ