主婦とパートのカードローン利用の違い

主婦最近は正社員ではなく、パートとして就業している人でもカードローンの利用ができる金融機関が増えています。
 
特に少額でも毎月同じくらいの収入がある人は、安定した収入という金融機関側の審査基準をクリアしているため、収入に応じて借りることができます。
 
パート専用のカードローンというのはほとんどありませんが、金融機関を調べた場合にローンのサービスを見ると、パートの使用の可否が掲載されているところがほとんどです。
 
ですので、これを頼りに申し込みを検討していくとよいでしょう。
 
ちなみに収入がまったくない主婦でも、カードローンが利用できる金融機関が少なくありません。
 
無収入でも借りることができるのは配偶者の収入が考慮されているからで、少額ながら急にお金が必要になった際のピンチにも対応することができるようになっているのです。
 
しかし、消費者金融については総量規制が適用されることから専業主婦が借りることは難しくなっており、もし専業主婦が借りようとするのであれば、総量規制の影響を受けない銀行になります。
 
また、事前に借り入れができるかどうかを調べるための方法として、簡易審査のツールを利用するという方法がありますが、あらかじめ用意されているフォームに簡単な情報を入力するだけで、調べることができるようになっています。
 
結果は数分程度で知ることができますが、実際の審査結果とは異なる可能性もゼロではないので、簡易審査を利用することに関しては注意する必要もあります。

このページの先頭へ