借金が返せない場合の債務整理

パートで働いている人がカードローンを利用する際に、借りることができる金額は10万円から30万円程度になっている場合がほとんどなので、借りても借金問題になることはあまり無いと思っている人も少なくありません。
 
しかし、パートカードローンに限ったことではなく、カードローンというのは借りている金額が少ないほど金利は高くなっているので、少額での借り入れでも毎月の金利負担はかなり大きなものになっています。
 
そのため、お金を借りる場合はきちんと返済計画を立てて、プラン通りの返済をするという方法が望ましい方法でもあります。
 
しかし、返済をしている途中で仕事を辞めて収入が無くなってしまった場合や、出費が増えたなどの理由から返済が滞ってしまうと、金利がプラスされるペナルティを受けることになります。
 
このような負の循環が続くことによって、やがて自力では返済することができないくらい借金が膨れ上がってしまっていることがありますが、そうなると借金問題を解決するための行動を起こす必要が出てきます。
 
その方法としては債務整理をするのが一般的ですが、自己破産のように財産がすべて没収される債務整理だけでなく、借金を調整して少しずつ返済をしていく個人再生や、特定調停などの方法もあります。
 
また、裁判を通さないで借金整理をする場合は、任意整理などの方法を用いることでも借金問題解決を進めて行くことができます
 
いずれも債務整理には時間がかかるということを覚えておきましょう。

このページの先頭へ