闇金に注意

闇金業者パートで就業している人でもカードローンを利用することができる金融機関はたくさんあります。
 
正規の金融機関だと年収の3分の1を超えて借りることができないルールが施行されるので、年収が100万円以下のいわゆる扶養内で働いているパートだと30万円を超えて借りることは難しいのが実際のところです。
 
借りる理由がその金額内で事足りるのであればもちろん問題はありませんが、それ以上の借り入れが必要な場合に新規で借りることができないので、まとまったお金が必要な場合はカードローンの利用だけでは対応することができません。
 
他の方法で対応を考える必要性が出てきますが、お金がすぐにでも必要で困っているような状態になっている場合は、気持ちの焦りから条件が良い金融機関を優先的に探してしまう人が増えます。
 
このように焦っている人は闇金という違法業者にとって格好のターゲットになるので、知らずに闇金を利用してしまって借金地獄に陥ってしまうケースも実際には少なくありません。
 
闇金を利用しないようにするためには、金融機関に申し込みをする前は一呼吸置くことが大切で、闇金データベースなどを確認して、違法業者としての登録がないかどうかということをチェックしておくようにしましょう。
 
また、闇金を利用してしまい既に嫌がらせを受けてしまっているような場合は、自力で解決することはできなくなります。
 
この場合は必ず闇金問題に強い弁護士や警察に相談をして、闇金問題の解決に向けた行動を起こす必要があります。

このページの先頭へ